• ロッドケースは愛用に応えるか?
    すんません。私のわがままに答えてくれるロッドケースの市販品がないだけのことです。いや単に私がわがままなだけです(爆ちなみにわたし、現在4つのロッドケースを使っています。1.通常の磯釣り用 普通に普通のオキアミフカセを主体にしたチヌ・グレ狙いの使い方です。2.夜釣り用 メバルとか夜釣りには少し穂先が折れにくい磯竿とかルアー・エギング・延べ竿とかを入れて芸風が変るため別のタックルを準備してます。3.バ...
  • ウキの飛行姿勢について考えてみる
    ウキというものを語るときに当然ながら1.飛んでいく2.着水する3.仕掛けが馴染む(ウキが立つ)4.仕掛けが流れる5.波に揺られる6.サカナが当る(前アタリOrエサ盗り)7.ウキが沈む(魚信)8.ヤリトリ途中&漁獲9.エサ付けなど仕掛けのメンディング10. 仕舞・持参・メンテナンスなどのフェーズがあり、それぞれのフェーズで考慮すべき性能があると思われるので、すこし順番に頭をひねってみたいと思います。とい...
  • 好きな人は大好きな「からまんぼう」
    使う人は使う、使わない人も使うことがある「からまん棒」ググッてみると案外たくさんのページが出てくるので、好きな人は結構たくさんいらっしゃるのでしょう。からまん棒とは何者ぞ?||海釣り・波止釣り【釣りの知識】からまん棒ってどんな役割があるの?仕掛けを図解で解説からまん棒って?ウキ釣りで活躍する仕掛けアイテムの役割と ...などなど。たいへん勉強になります。もともとは釣研の商品らしいですが、まあ基本的に爪...
  • みんな大好き「感度のいいウキ」 その2 イナバウキ
    あまりにも良くできたウキなので放っておけません。「イナバウキ」昔々の1995年ごろわたしもこれに良く似たウキを作ったことがあったので、その憧れはなおさらです。「南米チリの沖合いの島に発生したカルマン渦列(NASAのホームページより)とイナバウキ」だそうです。「イナバウキ」の作者さんは挿絵のセンスも抜群ですね。この方=たぶん「イナバさん」といわれる方のページというか、論文というか、ネタというかには、あま...
  • みんな大好き「感度のいいウキ」 その1
    なぜかウキを語るときにみんなが大好きな言葉が「感度」。とにかく「感度のいいウキ」というものが異常なまでにこだわられます。さて、「ウキの感度」とは一体何んなんでしょう?1.サカナが引いたときにウキが「スパッ」と沈むこと。2.サカナの小さなアタリでウキがとにかく沈むこと。まあ、このへんは異議のでないところでしょう。とくに1の「消し込むアタリ」というのは夢にまででてくる気持ちのよいアタリです。しかしこれ...
  • ウキの浮心について考えてみる その2
    丹羽ウキの他にウキの浮心についてこだわったウキが市販品の中に見あたらないようで、これはどうも寂しいものだと思っていたら、ありますた!  「グレコウキ」 http://gureko.jp/カッチョええです。回りながら輝いております。なんか1粒で300メートルくらいいけそうな勢いのウキです。イイ(・∀・д・)クナイ! どれどれちょっと見てみましょう。ふむふむこちらでは「超高重心」と表現されていますね。ちょっと違うような気がします...