お便利グッズ バルクの道糸 レグロン ワールド・プレミアム

以前のブログであげていたTipsやらお便利グッズが消えてしまったので、覚えているものをメモ代わりに再度うpしておきます。

道糸 レグロン ワールド・プレミアム Raiglon World Premium シリーズ

こちらはブロ友の「ツリキチオー」さんから教えてもらいました。

 

基本バルクものしか使わないのですが、このラインは驚異的にすごいです。600m巻きで大体¥1,000~¥1,600くらいで売られています。
株式会社トアルソン = 昔の東亜ストリングス です。

その売りは「本来ハリス用に開発した最高級原糸を使用したワールドプレミアム ライン」

なにが、そんなに驚異的に凄いかというと「引っ張り強度」がべらぼうに強いのです。
150m巻きの通常の高級ラインをも簡単にしのぐ強さです。根掛かりを手で引っ張って切ろうとすると「あれ?」という感じです。でラベルを見てみると確かに2号で11LB! 通常8LBです。
過去に使ったことがある限られた体験でいくと、同じ号柄でここまで強いのは「サンライン 松田スペシャル」並みでした。かたや150mで¥3,500。したがって値段もべらぼうにコストパフォーマンスが良いことになります。

なにぶんウキ釣で最も大切な道具は竿でもリールでもなく、ましてウキでもなく道糸と考えておりますので、すこしでもよいものを使いたい。フロロやらPEやらあれこれ試してもみて、どれも一長一短というかやはりまだナイロンを超える扱いやすさに至っていないという結論でまたナイロンラインに落ち着いておりますが、値段に見合わない性能でこれのおかげでフカセのラインは考える必要がなくなりました。ありがたいことです。

ただし、このラインには2つ欠点があります。

欠点その1 このラインは「ナイロンのくせに沈む」 普通ナイロンラインは比重が1より軽いものが多いのですが、こいつ安物のくせに(?)海水より重いです。したがってあまり野放図にライン送りしたまま放置したりすると根掛かりします。そこで含水対策する必要があります。

それは



一番安物のシリコーンスプレー。一番最初のリール巻きしたときに大目に吸わせておけば当分大丈夫です。ただしこのスプレーでのメンテナンスは毎回やるほうが理想的ではあります。わたしは糸が新しいときは続けてスプレーしてますが、しまいには5~10回に1度くらいにペースダウンしてしまいますが特に不都合はないようです。これでメンテナンスすれば大幅な高切れでもしない限り1シーズンは十分使えます。まあ頻繁に巻き替えてもお財布に優しいラインではありますが。

欠点その2
このシリーズは号柄もかなり豊富にあるのでとてもよいと思います。わたしはウキのロストがつらい人なので通常は2号というちょっと太目の道糸を使っております。しかしこの号柄は使う人が多いのか、いきつけの釣具屋さんでは大量に入ってきてもすぐに売り切れてしまっていることが多いのが2つ目の欠点です。もっとも1つ買えば4回分あるので1シーズン1つで普通は間に合うのですが。

えんど


コメント

非公開コメント