チヌの1束釣り

「黒鯛を一日に100枚釣る方法」があります。というか「チヌ100匹を本当に釣った人たち」を何人か知っています。

一人目は岡山・玉島の河野さんと言われたと思います。かなり昔に雑誌に100枚並べた写真といっしょに載ってました。紀州釣りの1バージョンである「バクダン釣り」です。
この方はまさに「名人」という範疇での釣果でしょうね。
岡山でも今や相当の高齢者にならなければやっていない、いわば「伝統釣法」であり「古流」です。最盛期はすでに30年以上も昔ですね。
これにこだわる方々は皆さん鮎竿に糸を巻いたりして(当時の鮎竿はまだグラスだったのでそれはもう大変な重さだったと思います)かなりの創意工夫をこらしておりました。また紀州釣というのはあまり流れの速いとこではやりにくい、ってか出来ない釣り方ですが、上級者は磯でも平気で釣りこなしておりました。岩の上をエサを転がすなどと当時見習いの私などには悪夢のような話を平気でされていました。ダンゴのつなぎも当時は赤土が普通でしたから、山のあちこちに赤土を採取した跡のデカイ穴がボッコリと開いていたりして、しゃべる言葉がまたこれに輪をかけて言葉の汚なさでは河内弁にも負けず劣らずの備中言葉で、これはもうさながら山賊のような連中だなと感じたりもしました。

2人めは岡山・宇野ですでに廃業されていますが釣具屋さんをされていた「なにわ渡船」のオヤジさんです。
こちらは船を掛けてダンゴの吸い込みで釣る方法です。孫弟子まで含めるとお弟子さんもかなりの数がいたので釣り公園で出入り禁止になったりと、ときに武勇伝も聞いたことがあります。もともと岡山では職漁師の釣りとしてかなり昔からありましたから、この方法では1束釣りはかなりの人がやったことがあるだろうと思います。アンカーを3点に掛けてピッチリ船を固定して、竿・リールは一切使わず、ピンポン玉ほどのサナギ団子に4本針の吸い込み仕掛けを落して、糸の震えでアタリをとるという方法です。職漁師はたんびに3点掛けのアンカリングなぞやっていられないので、シーズン初めに3つのアンカーにブイをくくりつけてポイントを固定し、そこにサナギを入れた菰俵を沈めて寄せておりました。
当時私も父親と2人でマネしてやってみて、2人で50数枚の大小のチヌを釣ったはいいが、そのような数釣りは初めてだったのでつい無我夢中になって挙句に全部持ち替えってしまい、台所のシンクはチヌで溢れかえるわ、口からサナギのドロは吐き出すわでこれはもう大変な騒ぎとなり、血まみれウロコまみれご近所さんにお願いして人数分以上にもらっていただいてやっと処分できたという割と悲惨な経験があります。閑話休題。

いずれもサナギ団子を使った方法です。やはりサナギ団子を使った釣り方がハマったときには「最強のチヌ釣法」なのでしょう。ただまあ逆に条件が整わなければ極めてモロイ釣り方でもありなかなか普通にこれで釣りこなすということができないのが玉に瑕というところですね。ただまあこの事実を無視した形でのチヌ釣りトーナメントなんかには個人的にはあまり興味ももてないのですが、まあコマーシャリズムとしては仕方のないところなのでしょう。

コメント

非公開コメント