仕掛絡みしにくい投入方法を考えてみる

このブログでも作り方紹介している「てるるウキ」ですが、分類すれば最近市販品でも種類の増えてきた「小型自立棒ウキ」です。

この型のウキの最大の弱点である「仕掛が絡みやすい」というのをなるべくカバーする投げ方を一応ご紹介いたします。

1.ミチイトにテンションをかける
フカセ師が一番無頓着なところですが、ミチイトにテンションをかけるのがその第一歩です。ルアーマン、とくにベイトリールを使っている人は絶対の話なのですがいわゆるフェザリングです。フカセ師というのは意外にも「スピニングリールは常にラインにテンションがかかっていないといけない」ということを知らない人も多いもので、なにげにポイっと投入していますが実はテンションをかけると仕掛けの絡みは激減します。
ただ、フカセの場合は仕掛けが極めて軽いのであまりテンションをかけると遠投ができなくなるので、実際にはリールでフェザリングをかけるのではなく、長い磯竿の特性を活かして投入時に少し竿の角度をズラしてガイドにラインが擦れる抵抗だけで十分なテンションがかかります。これがいの一番。

2.体の風下側から振込む
風がある場合、自分の体の風下側から仕掛けを振り込むようにします。これをすればミチイトと仕掛けが V字型になって着水するので、仕掛絡みが激減します。逆に風上側から振り込むと着水時に仕掛けがミチイトを2回跨ぐように落ちますので仕掛絡みが激増します。



3.なるべく低い軌道で投入する。

北朝鮮のミサイルみたくロフテッド軌道で放り上げるのはダメです。とくに逆風時には絶対です。
「ピシュ」と飛んでいくとカッコもいいでしょう。


4.仕掛けの位置を調整する。



これは一般的な誘導仕掛けの図ですが、ウキ止めストッパー(ウキゴムだったり潮受ゴムだったりすると思いますが)からオモリまでの長さをあれこれ調節するとかなり仕掛絡みが防げます。特にハリスの長さとの取り合いで整数倍になると(例1:1)仕掛絡みが激増するようです。ウキの自長よりも長くするのは常識ですが、もともと仕掛けの落ちがよいのが自立棒ウキですので、あまりウキ下を長くとらなくともあまり仕掛けの立ちは変らないですから、少し短めから落していくくらいのつもりで、ウキ止~オモリ間を短めにしたほうがトラブルが少ないと思います。
一般的に重めの仕掛のときにとくに絡みが発生しやすいと思います。これはウキが着水してもオモリはまだ空中にあって、ハリス以下を引っ張りながら天秤のようにそのまま前に飛んでいこうとするため、着水タイミングが遅くなってウキの上に重ねて仕掛けを落す格好になるためです。したがってこのウキとオモリの着水タイミングのレイテンシーを調整することで、かなりの仕掛絡みが減少します。

5.その他
上でもちょっと書きましたが仕掛けは軽めのほうが仕掛けから身のトラブルは少ないです。ノーガンの固定仕掛ではほとんど仕掛絡みのトラブルはないくらいです。逆に5Bくらいの仕掛けで無理に遠投しようとするとかなりに頻度でトラブルが発生しやすいと感じます。また水中ウキなどの凝った仕掛けにするとトラブルも発生しやすくなりますが、これは特にこの型のウキに限った話しではないのでやむをえないところかと思います。
それと、「てるるウキ」では「安くて簡単」に作るためにウキの脚を「ステンレス棒」で済ませておりますが、この脚の部分は太いほうが仕掛絡みが「勝手にほどける」性能が高いです。細いと単純に「きつく巻きつく」わけで、太いと「緩く巻きつく」ためにほどけやすいわけです。その性能は太くて先が細くなっている「大根」型が最もよいのですが、市販品はなぜか「潮受け重視」なのか「メタセンター調整」のためなのかよくわかりませんが、脚を再度下膨れにしてあるものが多いようです。まあそこになるともうわずかな差なのでどうでもいいのかもしれません。

ということで絡みにくい投入方法。特に気になる「小型自立棒ウキ」のネタではありますが、普通の「自立棒ウキ」にも共通するところもあるので取り上げてみますた。ちうことでいちおうじえんど。

コメント

非公開コメント