令和2年釣り初め ツ抜け達成ヽ(●´ε`●)ノ

明けましておめでとうございます。
やっと正月が終わり初釣りにいけるようになったので、昼前からボチボチでかけてみることにしました。

「で、どこに行こう・・・」
「釣り初めからボウズは嫌だな・・・・」

ということで、年末に「令和生まれ」がじゃんじゃん当ってきた牛窓の護岸へ。あそこなら型はともかく、ハゲルことはあるまい。



現地に到着12時30分。と、見れば護岸のゴミ拾いをしている見慣れたお方が・・・

ということでツリキチオーさん発見。

13時ころには納竿するということで、年始の挨拶からおしゃべりしながらのんびり仕度。
水温が下がってすこし型が良くなってきたという話をしていたらすぐに目の前で1枚あげられました。さすが。

で、ツリキチオーさんが仕舞われた後にその場所に入っていたら潮も変って少し動きがでてきて、2歳児が釣れた。よしよしこれで新年のボーズはなくなった。よかったよかった。

とやっているうちにポツポツとアタリが出てきた。しかしツリキチオーさんが何枚かスッポ抜けしたと言っていたが確かになかなか針にかからない。どうもウキの動きを見ていると咥えたり放したりしているようで結構しぶい。棚を上げ下げしてみたりガン玉の位置を上下してみたりと色々試すがなかなか簡単にはかからない。それでもアタリは頻繁に出て4時前までの3時間ほどで、数え切れないほどのスッポ抜けと3度のバラシをまじえて10枚となったところで納竿としました。



まあ、型は最大30cmちょいが3枚ほどでイマイチでしたが、釣り初めでなんとかツ抜けできたのでこれはもう上出来でしょう。

おしまい。

竿:オリムピック インストラクター 浦浜アラミカ 1-50
リール:リョービ ザウバーVS1500i
ライン:レグロン ワールド・プレミアム 2号 + ナフコオリジナル シリコンスプレー
ハリス:サンライン ベーシックFC 1.5号
ウキ:オリジナル つりひとてるるウキ3B+ ナゾの水中
針:工場直 チヌ 1号&2号
マキエ:オリジナル 「チヌぷあー てるる」
サシエ:オキアミ生みりん加工


 

コメント

非公開コメント