ガン玉割りを作ってみますた

私は比較的重い仕掛けでタナをはっきりとる固定や半遊動仕掛がメインなのでガン玉を結構多用する方です。なので現場でのガン玉の着け外しはかなり多いのですが、仕掛けのほとんどを1つのピルケースに収納してポケットに入れているために、どうしてもガン玉の割り口が閉じてしまうことが多く老眼とあいまってとかく戸惑い勝ちになります。
当然に道具として釣り用のフィールドプライヤーで先がスプリットリング・プライヤーになったものをいつもガン玉割りに使うのですが、安物のプライヤーなのでガン玉割りにはトビ口が少し甘く、針ハズシにはプライヤー部分が小さ過ぎて掴みにくく、ガン玉潰しにも同じくで、さらに根元のニッパー部分もラインの切れ味イマイチで、まあ万能ではあるものの個々の機能においてはどれもぱっとしないため、結局ラインはピンオンリールにブラ下げたラインカッター、針はずしは内ポケットにウキ取りパラソルと一緒に入れている針はずし、ガン玉は噛んで潰すということで、結局は専用に勝るものなし?で2重の荷物になっております。ということでプライヤーはバッグにしまいこんでポケットを軽くするにはガン玉割りだけがあればよいということで、釣具屋で現物をみたら結構高い・・・約¥800・・( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
ということで赤貧洗うがごときフィッシャーマンとしては例によって自作するしかないと一念発起して100エソ均一に走ったのでありました。まあ実際はたまたま百均で材料を見かけたので「これいいかも」と買ってみただけですが・・・



原材料はこれです。毛ぬきセット 2本で100エソ

で、これをペンチでグリグリ曲げて、片一方の先っちょをポンチで少し窪みをつけて先端の歯の部分をヤスリで少し削、もう片一方を深く曲げると



出来ましたヽ(●´ε`●)ノ

横顔もなかなかいけてます。



ということで、実戦の前に少し実験してみました。

1.太いのと細いのができましたが、細い方がよいです。理由は太いほうは幅がガン玉の直径よりも大きいため、指先にガン玉と毛抜きの先端を同時につまむのことができず、先端の窪みにガン玉を収まりよくのっけるのが難しいです。細いほうはその点がかなり楽にできます。市販品も先端の身幅が極端に絞ってありますが、なるほどそのためなのですね。

2.先端の片一方を溝型に曲げてみましたがなくてもよいです。むしろ先端の上に向いた部分が長いとむしろガン玉がつかみにくくになります。受けるほうはフラットな形状に一点だけすこし凹んだ据え台形状のほうが扱いやすいようです。

ということで1ケ50エソのガン玉割。次回は細いほうだけとって、太いほうは中落ちの骨を抜くのにでも使うようにしましょう。おしまい。



コメント

非公開コメント